株式会社フジタ知恵袋

初めまして。7月に京都本社に入社いたしました。
根本と申します。

初めて知恵袋を書かせて頂くことになりました。
よろしくお願い致します。

今回は、私が担当させて頂いておりますHPのアクセス解析について書かせて頂きます。

関連記事:商品企画・HP記事制作の基礎~ペルソナデザインについて~

目次目次

  1. アクセス解析とは?
  2. メルマガの効果をGoogleアナリティクスで確認する方法
  3. 解析ツールの種類
  4. まとめ

1. アクセス解析とは

アクセス解析とは、ホームページ上にアクセスして来たユーザーの属性や行動を分析して、それを元にしてコンバージョン(ホームページ上で行って欲しい行動)につながるようにホームページを作成・改修を行っていくための手段がアクセス解析です。

行った施策によって効果が出たのか、出なかったのか、またその原因はなんだったのか。をツールを使って明確にしていきます。数値だけでなくその背景も考えていくことが大事になります。

2. メルマガの効果をGoogleアナリティクスで確認する方法

Googleアナリティクスでは、メルマガから流入してきたユーザーの行動も分析することが出来ます。

メルマガ内に記載するURLにダミーパラメータを付けます。Googleアナリティクスにメルマガからの流入と認識させる為には決まりに沿ったダミーパラメーターを付ける必要があります。

ダミーパラメーターの付け方

例)メルマガからフジタのホームページへ流入を確認したい場合は以下のように設定します。
(?以降がダミーパラメーターになります。)

http://www.fujitanet.co.jp/?utm_source=○○&utm_campaign=△△
&utm_medium=××

○○には参照元(mailmagagine や newsletter 等)
△△にはキャンペーン(配信日 等)
××にはメディア(email 等)

Googleが提供してるツールを使用することで簡単に作成することもできます。
https://ga-dev-tools.appspot.com/campaign-url-builder/(外部サイト)

クリックすると以下のようなページが表示されます。必須項目(上から4つ目まで)を入力すると、下枠に作成されたURLが表示されます。それをコピーしてメルマガの適切な場所に貼り付けるとGoogleアナリティクスで確認することが出来る様になります。

3. 解析ツールの種類

アクセス解析ツールとして有名なものとして「Googleアナリティクス」がありますが、無料、有料のもの含めてたくさんの種類のアクセス解析ツールが存在しています。

ツールによってメリット、デメリットがあります。選定する際は、ホームページのなにを知りたいのかを明確にしておくことが必要になります。

GoogleアナリティクスやYahoo!アクセス解析、UserInsight、Adobe Analytics(旧称:Site Catalyst)など検索するとかなりの数の解析ツールが出てくると思います。その中からどのツールが一番合っているのか選んでいく必要があります。

4. まとめ

ホームページは作って終わりではなく作った後、公開した後が大事になってきます。

アクセス解析ツールを利用して公開後のホームページの状況を確認して、コンバージョン達成のための施策を繰り返し行っていくことが必要になります。

アクセス解析は奥が深いので考えこむと頭が痛くなってくることがありますが、より良いホームページにしていくために頑張っていきたいと思っています。

Contact

室名札・案内板についてお気軽にご相談下さい!

お問い合わせ

受付時間(平日):AM8:45〜PM5:45