手摺点字

こんにちは!田中です!^^
今回はよくあるご質問の「手摺点字の取り付け位置と文字内容」についてご説明したいと思います。
私自身原稿を書いていても「あれ?どっちがどっちなんだ?」と混乱してしまうことも;;
ご注文の際は是非ご参考にしていただけると嬉しいです!

目次目次

  1. フジタの手摺点字
  2. 手摺点字取り付け位置と文字内容
  3. 取り付け位置
  4. まとめ

1,フジタの手摺点字

bra015

FH 手摺点字

フジタで扱っている手摺点字はこちら!

素材

ポリカーボネート樹脂板でできているので、柔らかい下敷きのような素材感です。
表示はマット調です。

IMG_20160927_150657

印刷・点字
点字は樹脂、印刷はシルク印刷を採用しています。

IMG_20160927_150807

取り付け方法

裏面が両面テープなので、シートを剥がして手摺に貼り付けてください。
接着面が心配な場合は、接着剤併用で取り付けてください。

IMG_20160927_150730

注意事項
外部使用は禁止です。屋内用として制作してしておりますのでご注意ください。

 

2,手摺点字取り付け位置と文字内容

では早速取り付け位置についてご説明します。
両方に手摺が付いているとして、1階から2階に上りきる間に手摺点字は12枚必要になります!
これが理想の枚数ではあるのですが、手摺が二段になっていたり、踊り場部分を省いたりする場合もあるので、建物によっても枚数が変わってきます。
特にこうしたほうが良いという、明確に決まった文章はないのですが、理想の枚数を知っておいてください。

話が少し変わりますが、手摺点字の取り付け位置が分かり難い理由を説明します。
フジタの規格として作っている手摺点字を見てみてください。手摺点字2

見ていただければわかるように、「1:1階→2階」と「3:2階←1階」と同じように1階から2階へ示しているのですが、矢印や文字の位置が入れ変わっており分かりづらいですね;

どんな法則なのか色をわけていきますと・・・

手摺点字3

それぞれの法則をご説明します!^◇^

  1. 数字の位置を決める
  2. 矢印をつける

この順番でそれぞれ見ていきましょう♪

■右側の手摺(ピンク)
  1. 右側に小さい数字
  2. 向かう方向に矢印を入れる

例)
2階←1階(1階に取り付ける)
2階→1階(2階に取り付ける)

右側の手摺は、右側の数字が常に小さい方の階を示しています。
1階に取り付ける場合は、2階に向かうので、2階に向かって矢印を!
2階に取り付ける場合は、1階に向かうので、1階に向かって矢印を!

■左側の手摺(水色)
  1. 左側に小さい数字
  2. 向かう方向に矢印を入れる

例)
1階→2階(1階に取り付ける)
1階←2階(2階に取り付ける)

左側の手摺は、左側の数字が常に小さい方の階を示しています。
1階に取り付ける場合は、2階に向かうので、2階に向かって矢印を!
2階に取り付ける場合は、1階に向かうので、1階に向かって矢印を!

■左右の手摺(黄色)

文字と矢印だけなのでこちらは簡単ですね^^
向かう方向の対象物と矢印を入れれば大丈夫です。

3,取り付け位置

手摺点字4

取り付け位置は、点字がやや壁側に向くようにとりつけてください。
二行の場合は二行目が上に向くよう取り付けましょう^^

位置は上の図をご参考ください!

4,まとめ

手摺点字に関する問い合わせが結構ありますので、参考になればと思いかいてみました^◇^

しかし、法則を知ってもこんがらがるものは、こんがらがりますよね。笑

そんな時は、キープランもフジタで製作可能ですので、お気軽にお問い合わせください!

 

点字の商品は、総合カタログに載っております!是非ごらんください。

カタログ請求