1535618_s

2回に分けて、2020年度入社の社員のご紹介をインタビュー形式で掲載しております。

就活中の皆様もぜひご参考くださいませ。

目次目次

  1. 新入社員自己紹介
  2. 就活中のエピソード
  3. 入社してからのエピソード
  4. 就活中の皆さんへひとこと
  5. まとめ

1,新入社員自己紹介

—–「まずは自己紹介をお願いします」

imai

今井花実です。大学では文学部で日本近代文学を専攻していました。

大学時代はラクロス部に所属しており、毎年夏は日焼けで真っ黒になっておりました…。

現在は京都本社で営業事務を担当しております。

営業事務とは、お客様からのご注文やお見積りに対応したり、電話でのお問い合わせにお答えしたりする
「会社の窓口」となるお仕事です。

2,就活中のエピソード

—–「なぜフジタにエントリーしようと思ったのでしょうか?」

合同説明会に参加した際にフジタが掲げていた「室名札のトップメーカー」という言葉に惹かれたからです。

誰もが必ず目にし社会生活に根付いている室名札。それを日本トップレベルで作っているってかっこいい!と純粋に興味を持ちました。

また、中小企業だからこそ室名札というニッチなニーズに答えていける強みがあり、そして大企業でないからこそ
「自分の仕事が会社全体に貢献している!」というやりがいが感じられるだろうと思い、エントリーを決めました。

 

—–「会社見学・面接時のフジタの印象を教えてください」

「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました!」と皆さんが挨拶してくださり、明るく風通しのよい社風を感じられて好感が持てました。

京都本社では会社で商品を実際に作っているので、少しでしたが商品を作っている作業場を実際にみることができて、「身近な室名札がまさにここで作られているのか!」とワクワクしました。

自分はもともと事務職希望で業種はあまり絞っていなかったのですが、フジタの会社見学を通じてメーカーに興味を持ちました。

 

—–「面接時に準備したこと・意識していたことはありますか?」

フジタは挨拶を大切にしている会社だと感じたので、自分も大きな声で明るく挨拶をすることを心がけました。

また、会社の良さや自分が共感できる部分だけをアピールするのではなく、「自分の強みが会社にどのように役立つのか」を話すことができるように意識しました。

3,入社してからのエピソード

—–「最終的にフジタへの入社の決め手になったことは何でしょうか」

営業事務を担当している社員の方に話を聞いたり、実際に勤務中の社員の方の姿を見学したりして、自分がフジタで働く姿がより明確にイメージできたことです。

就職活動で社員の方にお話しを聞く機会はありましたが、実際に社員さんが働いておられる現場を見せてくださることは初めてだったのでとても参考になりましたし、オープンな会社に対して信頼感が持てました。

 

—–「内定後から入社までに取り組んだことや印象深いエピソードはありますか?」

内定式の日に社長や同じ部署の先輩とお食事に連れて行って頂きました。豆腐の御膳をご馳走になりました。

正直とても緊張して食事どころではないと思っていたのですが、皆さん気軽に接してくださり、穏やかな雰囲気を実感することができて安心しました。

 

—–「実際に入社してからのフジタの印象はどうでしょうか?第一印象から変わった部分はありますか?」

社員同士の距離が近いというのは会社見学の時でも伺っていました。実際に働いてみるといろいろな部署の人がコミュニケーションをとり、皆で協力して仕事をしている事が実感できました。

営業事務も原稿のお仕事のお手伝いをしたり、商品の梱包をしたり…。

もちろん新入社員だからという例外はなく「全員で仕事をしているんだ」という印象を入社前よりも強く感じました。

 

—–「今後の抱負を聞かせてください」

先輩方のように、お客様や社内の人から頼りにされる営業事務になりたいです。

そばで先輩方を見ていて、営業事務には事務スキルだけでなく、商品はもちろんお客様に関しての知識や情報も必要であるということを感じます。

発注書や見積書の手配といった営業事務の仕事だけでなく、社内の方々とも積極的にコミュニケーションをとっていくことも大切にしたいです。

4,就活中の皆さんへひとこと

—–「最後に、現在就活中の方々にメッセージをお願いします」

入社して2ヶ月、会社にも慣れ始め少しずつ仕事を任せて頂けるようになってきました。

新入社員でもしっかりやりがいを持って仕事ができること。大企業に比べて社員一人一人が存在意義を発揮しながら働けることが中小企業の強みだと思います。

フジタはそのような社員全員がやりがいを感じて仕事ができる環境が整っています。

このブログを読んで少しでも興味を持たれた方は、気軽に会社見学など参加してみてください!

5,まとめ

いかがでしたでしょうか。

フジタでは現在新しい仲間を募集中です。

くわしくは「採用情報」をご覧くださいませ。

toiawase