英語表記も含み、日本語以外の言語を表記することを
「多国語表記(外国語表記)」と呼んでいます。
日本語だけでなく、外国語も表示してほしいという
ご依頼が年々増えているように感じます。
今回はそんな多国語表記に関してフジタができることを
納入事例を交えながらご紹介いたします!

目次目次

  1. 多国語表記の目的
  2. フジタができること
  3. 納入事例
  4. まとめ

1.多国語表記の目的

外国人の方にも案内をご理解いただけるよう、
観光地や公共施設、また病院でも多国語表記は必要とされています。
こちらは先日製作した富田林市に建てられた
多文化共生・人権プラザの商品です。

多くの外国人の方が利用される施設で、
日本語、英語、ベトナム語表記に加えて
中国語、タイ語を表記した箇所もありました。
また日本語もルビを振り、
幅広い方に理解いただける案内板に仕上がりました。

SDGsの目標10「人や国の不平等をなくそう」の目標達成のためにも、
より多くの方がサインを認識できるようご提案しています。

<関連記事>
SDGsとフジタの取り組み

「SDGs」とフジタの取り組み

2.フジタができること

フジタでは室名札、案内板など多くの商品で多国語表記での対応が可能です。
単語はもちろん、文章も対応しております。
いざ注文!という場合、大きく2パターンに分かれます。

  1. 多国語を支給、指示いただく
  2. 多国語をご提案する

多国語表記をお客さまから支給、ご指示いただけましたら
その通りに表記して製作させていただきます。

表記はおまかせの場合はご提案することも可能です。
また監修も対応させていただきます。
その場合は翻訳費用が発生致しますので、ご了承ください。
金額は文字数などで変動がございますので、都度お見積もりをさせていただきます。
詳しい対応に関してはお気軽にお問い合わせください!

また、多国語表記の場合には間違いが起こらないよう
原稿作図をしてから商品製作するのがおすすめです。

カラーの原稿で商品イメージも湧きやすく、
文字の間違いも防ぐことができます。
(原稿作図は有償になります)

3.納入事例

東京都足立区「足立区スイムスポーツ館」の納入事例です。

日本語にはルビ、英語、中国語、韓国語で表記しております。

足立区スイムスポーツ館

神奈川県鎌倉市「湘南鎌倉総合病院」の納入事例です。

英語表記に加えピクトも表示することで、より認識しやすくなります。

湘南鎌倉総合病院

4.まとめ

個人の主観になるかもしれませんが、
外国語が入るとグッとサインのおしゃれ度が上がる気がします!

より多くの方が理解しやすく、
またデザイン性の高いサインにできる多国語表記。
ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

toiawase